歯磨きだけで歯を白くできるか

歯で決まる笑顔の美しさ 白い歯は誰もが憧れるものですよね。
審美歯科などの宣伝を見ていると、こんなに白くできるのなら、ぜひやってみたいと感じてしまうものです。
しかし、審美歯科などで行うホワイトニングといった施術は、あくまでも治療ではないため保険外診療となり、費用も高額になってしまう場合が多くなります。
多少の費用は掛けても、美しい歯を手に入れたいと思う人もいるでしょうが、なかなかそこまでは踏み切れないという方もまた多いでしょう。
普段私たちは、毎日しっかり歯を磨いているはずなのですが、日常の歯磨きだけで歯を白くすることは不可能なのでしょうか。
答えはイエスでもあり、ノーでもあると言えるでしょう。
非常に曖昧な回答ですが、努力次第ではある程度の白さを復活させたり維持させたりすることは可能です。
審美歯科などでは最新の技術や薬剤などによってホワイトニングをしてくれますので、即効性のある効果を得られます。
しかし、まずは日々の努力でできるセルフホワイトニングをぜひ実践していきましょう。
具体的な方法としては、非常に簡単なことで、歯ブラシに歯磨き粉を付けてしっかりと歯を磨いてあげることに他なりません。
毛先が開いてしまった歯ブラシは洗浄効果が落ちてしまいますので、毛先が少し開いてきたら早目に新しい歯ブラシに買い換えましょう。
次に、使用する歯磨き粉についてですが、最近はホワイトニング効果を謳った商品が非常に数多く発売されており、どれもそれなりの効果を得られるでしょう。
汚れを落とすためには研磨剤入りのものを選ぶというのが基本です。
ドラッグストアなどに行けば、非常に多くの歯磨き粉が売られていますので、成分や効果などを見極めて自分にあった歯磨き粉を選びましょう。
ホワイトニングのための歯磨き方法は、普段の歯磨きと何ら違いはありません。
十分な時間をかけて、1本1本しっかりと磨いてあげましょう。
そして、磨き終わりの最後に眼鏡用クロスなどの柔らかい素材の布で歯を磨いてあげると、より効果がアップします。
特に、タバコを吸う人の場合はヤニ汚れが気になるという方が非常に多いでしょう。
歯にこびりついたヤニ汚れは、歯磨きをしてもなかなか落ちてくれません。
ヤニが付着する前に頻繁に歯磨きしてあげることが大切ですが、タバコを吸うたびに歯を磨くというのは現実的ではないですよね。
最近はヤニ汚れ専用といった歯磨き粉も売られていますので、試してみる価値はあるでしょう。
しかし、一度こびりついてしまった着色汚れはなかなか落とすことが難しいので、そう言う場合には専門の審美歯科でホワイトニングの相談をしてみましょう。

Copyright (C)2022歯で決まる笑顔の美しさ.All rights reserved.