ホワイトニングとは

歯で決まる笑顔の美しさ 毎日、毎食後しっかり歯を磨いているのに、どうしても歯が黄ばんでしまうといった悩みを持っている人は多いでしょう。
特にタバコを吸う人の場合には、どれだけ歯をしっかり磨いていてもタバコのヤニが歯に付着してしまい、黄ばむというよりは茶褐色になってしまっている方も多いですね。
では、そういった歯への着色が気になる方はどのようにすれば白く美しい歯を取り戻すことができるのでしょう。
市販の歯磨き粉には「歯を白く」「白く美しい歯のために」などといったキャッチコピーが沢山並んでいます。
しかし、実際にはそれらの効果には限界があると言えるでしょう。
タバコのヤニですっかり汚れてしまったというような場合では、市販の歯磨き粉で歯を磨いても、歯を白くすることは難しいでしょう。
そこで利用したいのが、歯科医院での「ホワイトニング」です。
これは通常のクリーニングでは落としきれない歯の着色汚れを落とし、歯を綺麗に白くする方法です。
一昔前までは、歯の表面を削ったり、歯に薄い膜を張り付けたりといった方法がとられていたこともありますが、現在では薬剤やレーザー等を用いたホワイトニングが主流で、安全性も非常に高くなっています。
歯科医院で行うホワイトニングは、歯の表面に特殊な薬剤を塗布しレーザーなどを照射することによって歯を白くする方法がとられます。
着色した色素だけを落とすので、歯そのものを削ることはありません。
治療時間も非常に短時間ですので、手軽にホワイトニングすることが可能です。
但し、白さを維持できる期間が短いという点がデメリットと言えるでしょう。
また、費用についてもそれなりの金額がかかってしまいます。
歯科医院によって施術方法などに違いもありますので一概には言えませんが、5万円前後から10万円程度の費用がかかるというのが一般的なようです。
ホワイトニングする歯の本数によって料金が違うと言った歯科医院や、何本かでセット料金になっている歯科医院など様々です。
料金が高ければそれだけ質の良いサービスを受けられるかと言うと、決してそうではないことも多いようですので、知人でホワイトニングしたことのある方に紹介してもらったり、口コミなどの情報を集めたりすることも大切ですね。
一般的な歯科医院でもホワイトニングを行っているところは多いでしょうが、最近はホワイトニングなど、歯の美しさを追求する「審美歯科」も増えてきています。
ホワイトニングをする場合には、事前に費用や方法、期待できる維持期間などについて歯科医師にしっかり確認するようにしましょう。

Copyright (C)2022歯で決まる笑顔の美しさ.All rights reserved.