歯にするマニキュア

歯で決まる笑顔の美しさ 美しく白い歯を手に入れることは、人によっては人生を大きく変えるほどの効果があることもあります。
これは決して大げさな表現などではなく、自分の歯にコンプレックスを持っている人は、どうしても歯を見せて笑うことができなかったり、人と話す時に口元に手を当ててしまったりすることが多いのです。
そのコンプレックスは人によって差はあるかもしれませんが、解消された時の晴れやかな気持ちは、その人にしか分からないものでしょう。
さて、歯を白くするという方法としては、審美歯科などで行うホワイトニングが一般的でしょう。
また、専用のマウスピースを作成して自宅でホワイトニングを行うことも可能です。
しかし、ホワイトニングは半年から1年程度しか維持することはできないため、定期的にホワイトニングをしていかなければなりません。
では、ホワイトニング以外の方法で歯を白くする方法はないのでしょうか。
ホワイトニング以外の方法としては「マニキュア」という方法があります。
歯に施すマニキュアには、ティースマニキュアとパーマネントマニキュアというものがあり、どちらも爪にマニキュアを塗るのと同様に、歯の表面に白いマニキュアを塗るという方法になります。
ティースマニキュアは非常に手軽にでき、費用も安いというのが特徴ですが、白さを維持できるのは数日間というのがデメリットと言えるでしょう。
また、色合いを調整することができないので、場合によっては仕上がりが不自然な感じになってしまうということもありますので注意しましょう。
一方パーマネントマニキュアは、永久版というわけではないものの5年程度は白さを維持することが可能と言われています。
もちろん個人差はありますし、定期的にメンテナンスすることが必要となりますが、一度の施術で5年間もの間白い歯を維持できるというのは非常に魅力的ですよね。
ホワイトニングというのは、歯についた着色汚れを薬品やレーザーなどによって分解し落とすということによって本来の歯の白さを取り戻す施術です。
一方、マニキュアは人工的に白い色を歯に塗るということになります。
何らかの原因で、かなり変色してしまった歯であっても、マニキュアの場合はその上から色を塗ることになりますので、見た目に白い歯を取り戻すことが可能になります。
パーマネントマニキュアの場合には、ある程度の色の調整も可能ですので、ごく自然な仕上がりにすることができます。
色や材質、また施術する歯科医院によっても費用は異なりますが、概ね1本あたり1万円程度という料金が多いようです。
全ての歯にマニキュアをした場合は、それなりに高額な費用となるでしょうが、セラミックなどと比較すれば安価に白い歯を手にすることができるでしょう。

Copyright (C)2022歯で決まる笑顔の美しさ.All rights reserved.