セラミックを用いた審美治療

歯で決まる笑顔の美しさ セラミックとは、簡単に言えば陶磁器のことになるのですが、近年は技術革新によって様々な用途に利用されるニューセラミックと呼ばれるものが多数出てきており、様々な用途で用いられています。
歯科治療の現場においても、セラミックは親和性の高い材料として義歯や審美治療において数多く用いられています。
人体への害が少ないという利点の他、歯と色調が似ていることから非常に自然な仕上がりを期待できる材料と言えるのです。
さて、セラミックを利用した審美治療としては、メタルボンド、オールセラミッククラウン、ハイブリットセラミック、ラミネートベニヤなどといった方法があります。
メタルボンドとは、金属の表面にセラミックスを付けたものを歯に被せる治療法です。
見た目にはほぼセラミックで覆われているため、美しい歯を手に入れることが可能となりますが、内部に金属を使用しているため、歯茎が変色してしまうというケースもあります。
金属アレルギーがある方には施術できませんし、オールセラミックと比較すると色調の面では若干劣るようです。
次にオールセラミッククラウンというのは、メタルボンドとは違いその名の通り全てがセラミックですので、歯茎の変色や金属アレルギーの心配は全くありません。
また微妙な色調を再現することも可能なので、自然な仕上がりを期待することができます。
一昔前までは強度に対する問題が指摘されていましたが、最近ではセラミック技術も格段に進歩し、十分な強度を確保できるようになりました。
次にハイブリッドセラミックについてですが、これは通常の保健治療で使用されるレジンというプラスチック素材と、セラミックを混ぜ合わせた材料を用いた審美治療です。
レジンは安価ですが、変色しやすい、あるいは破損しやすいといった欠点があります。
一方オールセラミックは、高価でありまた硬過ぎるため周囲の歯や歯茎を傷つけてしまうことがあるという欠点があります。
ハイブリッドセラミックは、両者の長所をうまく融合した素材ということができるでしょう。
柔らかすぎず硬過ぎず、変色はしにくいという点で非常に優れた歯科素材と言えます。
ハイブリッドセラミックも金属を一切使用していませんので、歯茎の変色や金属アレルギーに関する心配はありません。
但し、オールセラミックと比較すると色調の再限度が若干劣るという点は否定できません。
また、適度な柔らかさがあることで周囲の歯を傷つける心配はないのですが、オールセラミックと比較すると強度面で若干劣ってしまいます。
いずれにしても保険外診療で行う審美治療は、非常に費用もかかりますので、自分にあった方法をしっかりと検討することが大切です。
審美治療を行っている歯科医院であれば、カウンセリングなども行っているところが多いので、事前に納得いくまで相談することが大切ですね。

Copyright (C)2022歯で決まる笑顔の美しさ.All rights reserved.